右近下駄(うこんげた)

高い歯を設けずに、靴の底のように平たい形に作られた下駄です。

最近では、底面にゴムやEVA素材を用い、滑りにくく作られています。

日和下駄(ひよりげた)

日和とは、晴れた良い天気などを意味します。

晴天時に履く下駄の総称。

駒下駄(こまげた)

1つの素材から切り出した下駄。

二枚歯の下駄なども、駒下駄と差し歯下駄とがあります。

現在では、材木の節約や、長期的なメンテナンス(歯の交換)などの目的で、差し歯下駄が多いと思います。

継ぎ目は、台と歯の木目が合っているかを見ると分かります。

差歯下駄(さしばげた)

台と歯をつなぎ合わせて作られた下駄のこと。

材質により擦り減り方が異なるため、歯部分の材質を擦り減りにくい素材で作ったりします。また、歯が擦り減ったり、欠けたりした場合、交換できる下駄になります。

下駄台の仕上げ

一言に下駄といっても、仕上げ加工で表情を変える履物です。

 

【仕上げ加工の種類】

・白木(しらき)仕上げ

 素材そのものを生かした仕上げになります。

 ナチュラルな風合いになります。

 

・塗り仕上げ

 形を整えた台に漆(うるし)を塗り仕上げます。

 黒や朱などがあり、台の上部(天)や側面(巻)などに絵を入れたり

 しているものもあります。

 

・焼き仕上げ

 形を整えた台の表面を焼いて、さらに磨き木目を出す仕上げになります。

 木目の風合いを楽しめます。

 

・鎌倉彫

 下駄の台に彫を加え、台に絵や模様を施す仕上げになります。

 2つで1つのデザインになったものなど様々あります。